色々あって夜の更新となってしまいましたが、タイトルの通り本日11月30日はTVアニメ『花咲くいろは』の主人公である松前緒花の誕生日です!
公式設定では1994年11月30日生まれなのでその通りだと24歳ですね。

なので、初めてファンアートなるものに挑戦してみました。
イラストと1ページのショート漫画です。

qsああああ




↓以下作品の感想↓



『花咲くいろは』は個人的にとても印象に残っている作品の一つです!
アニメ会社「PAworks」さんが制作し、2011年4月~9月に放映されました。
更に2013年3月には映画『花咲くいろは HOME SWEET HOME』という作品が上映されました。
そちらもすごく良かったです。

あらすじですが、東京に住む女子高生『松前緒花』は親の事情により石川県にある祖母の旅館に飛ばされ、働くことになります。
そこでの経験や遠距離恋愛などを通して緒花や周りの人が成長する物語です。

全部で24話なのでレンタルショップとかで一気に借りても1週間ぐらいで見れます。自分は1年前くらいにGYAOの無料配信で初めて見ました。




このアニメはとにかくもどかしさが魅力です。
緒花は猪突猛進型で一度思い立ったら止まらないタイプなので意図せず様々なトラブルを起こします。
旅館の人と仲良くなりたいのに逆に怒らせてしまったり、旅館雑誌に直談判するために少ないおこづかいをはたいて東京に乗り込んだり。

でも彼女の行動力や必死な頑張りを見て周りの人が心動かされ、最初は緒花のことが嫌いだった人たちもみんな感化され、意識や行動が変わっていきます。


『予想は裏切り期待は裏切らない』物語が良い物語だと誰かが言っていましたがまさにその通りの作品です。



一見ダメで迷惑かけがちな緒花の個性を見て僕は「ああ、可哀想だけどこの子の性格では周りの人が誰も幸せになれないな」と勝手に予想していました。
ですが長期的な視点で見ると紆余曲折はありましたが彼女の個性は人々を良い方向へ導いていくという他の人には無い力がありました。

マイナスだと思ってた能力が実はやり方や場所を変えるだけでプラスになったり、死に物狂いでそれを長所に変えていく展開って物凄く熱いです(OPも相まって後半戦は本当にめちゃくちゃアツいです!)。
そういった点がとても響いた作品でした。

あとは背景がとても綺麗です。感動します。
ちょっと人間関係のドロドロ感もありますがそれも含めた成長物語なのでそれも魅力です。






1pのショート漫画です↓
7花色




以上です。
多趣味なので方向性がバラバラですが、たまにこういうのもやってみたいなと思います。
一応イラストと漫画がメインなのでそれも載せつつ。
ありがとうございました。